飛騨高山の箸や女将のブログ 「食卓から幸せを」

笑顔の家庭を増やしたい!そんな思いを込めて。 箸だけにとどまらず豊かな暮らしが出来るようなお手伝いを。    

ご訪問ありがとうございます!
飛騨高山の箸や女将のブログへようこそ。

「箸や 慶七郎」は飛騨高山にある三代続く箸屋のオンラインショップです。
   
    かたちある「心」で、満たされる「心」
    http://www.keishichirou.com

ハートやふくろうの形をした箸。伝統の技を活かした飛騨春慶箸。
使いやすさを追求したぐいのみ。
三代目の作り出す、「心」のこもったものたち。
「心」あるものを使うと、あなたの「心」も満たされる。

このブログでは三代目の思いや日々の仕事、家族の話もおまけに。。

今日からプロジェクト秘話を
少しずつ語っていきたいと思います(^^)
まずは、始まりから。
なぜ私たちがこのプロジェクトを仕掛けたのか。
そんなお話です。

*****

私たちはずっと箸を作り
小売店へ卸すということをやってきました。
飛騨高山は観光地ということもあり、市内や近隣市町村のお土産屋や旅館・ホテルで当社の箸を売って頂いていました。
P5130761

箸の製造をする会社は高山で当社のみですが、
もともと箸製造の大半は小浜市や輪島などです。
飛騨高山は観光地ということで
そちらからも箸が流入してきました。
また100均でも箸は売られています。
やはり価格やデザイン性でいうと
私たちは太刀打ちできません。
市内には箸屋ができ、「箸」は飽和状態に。

そこで私たちは箸だけでなく、小物(キーホルダーやマグネット)やぐいのみを作るようになりました。

卸をするだけでなく、自社ホームページを作ったのは
「誰がどのように箸を作っているのか」
そして当社を知って飛騨高山に縁を感じ、
遊びに来てもらえたら。そんな想いがありました。
地道にコツコツと小さいながらやってきたのですが…

新型コロナによる旅行客の激減。
当社も売上が9割減…という影響を受けました。
少しずつ回復していますが
亀の歩みのようにゆっくりで
まだまだ以前のようには戻りません。

私たちはこの危機的な状況に何ができるのかを
何度も話し合いました。
時間だけはたっぷりあったので(苦笑)

売上のない状況に不安はもちろんあったのですが、
久しぶりに家族でゆっくり過ごす時間は
なんだか頑張ってきたご褒美をもらったような感覚になりました。
焦らず、ゆっくり、穏やかな時間を過ごせることに
これはこれでとても贅沢でなんじゃないかと思うように。
IMG_20200421_212233_784


そんな時間を過ごしたことで
プロジェクトページの開発の経緯にも書いたように
とても大切なことに気づかせてもらえたのです。
 
プロジェクトページ
↓↓↓↓
https://www.makuake.com/project/keishichirou/
image (1)


なんだか思ったより長くなってしまったので(^^;)
続きはまた。

それでは、今日もよい一日をお過ごしください!
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

このブログにコメントするにはログインが必要です。