飛騨高山の箸や女将のブログ 「食卓から幸せを」

笑顔の家庭を増やしたい!そんな思いを込めて。 食卓をになうあなたを応援しています! 箸やマナー、日々の役立つ情報をお届けしています。    

ご訪問ありがとうございます!
飛騨高山の箸や女将のブログへようこそ♡

「箸や 慶七郎」は飛騨高山にある三代続く箸屋のオンラインショップです。
   
    かたちある「心」で、満たされる「心」
    http://www.keishichirou.com

ハートやふくろうの形をした箸。伝統の技を活かした飛騨春慶箸。
使いやすさを追求したぐいのみ。
三代目の作り出す、「心」のこもったものたち。
「心」あるものを使うと、あなたの「心」も満たされる。

このブログでは三代目の思いや日々の仕事、家族の話もおまけに。。

IMG_0474














震災から3年。この青い空に願いたい。


まずはじめに、お亡くなりになった方々のご冥福をお祈りいたします。 
そして被災地の復興と皆さまが安心して過ごせる日が1日でも早く来ることを願っています。


うまく言葉にできなくて1日過ぎてしまいましたが…

3年前のあの日。
私は3人目を妊娠し、悪阻で休んでいた時のことでした。
飛騨高山は地震が少なく、震度2,3で揺れたな~なんて言うような土地です。
そんな高山でも震度3。
1度だけではなく何度か続いたと思います。

家に1人でいてガタガタと揺れたときは本当に不安でした。 
そして子供のことも心配になりました。
保育園に行っていたので安心だとは思っていましたが、怖がってないかな~と。

テレビで地震情報を見ようといろんなチャンネルに変えましたが、あまり情報は得られず。
あの時は被災地がどんな状況だったのかまったく想像もできませんでした。
夜になり少しづつ、テレビでも情報が流れるようになって…

それからは毎日のように新しい情報が入ってきて…
津波の映像を見たときは驚きで本当に言葉が出ませんでした。
それは最近でも思いますが、
当時より詳しい映像などを見ると心苦しく、言葉になりません。

当時うちの子は4歳と2歳。
震災のあと子供が遊びのなかで「つなみがきたよ~」と聞いたときは少しショックだったのを覚えています。


あれから3年。
我が家では家族が増え、子供は7歳と5歳と2歳になりました。
「津波」という言葉はまだ覚えています。
時々「津波くる?」と聞いてきます。
岐阜県は海が無いので、本来ならまだ知らなかった言葉だと思います。

我が家でもこんな風に記憶に残っているので、
被災された方々・子供たちはどんなに辛い、苦しい思いをしてきたのだろうって
きっと被災していない自分には想像することもできないんだろうって思います。


あの時は少しですが子供たちと募金したこともありました。
3年たった今も私になにかできるんだろうかと考えますが…
何もできませんね。
被災地に行って現状を見て、この目に焼き付けたいと思ったこともありますが、
幼い子供がいる状況では無理で。
自分たちの生活でいっぱいいっぱいなのが現状です。


そんな私にできることはこの思いを忘れず、子供たちにも話をし、祈ることしかないのかなと。


3年たってもまだ、復興が進んでいないと聞きます。

本当に1日でも早く復興が進むよう、
被災地の皆さまが心から安心できる暮らしができることを祈らせていただきます。





keishichirou











箸や 慶七郎

【ホームページ】http://www.keishichirou.com

【Facebookページ】https://www.facebook.com/keishichirou

【twitter】http://twitter.com/keishichir

【電話番号】0577-34-2716

【E-mail】heart@keishichirou.com

【定休日】日曜、祝日

【住所】〒506-0057
    岐阜県高山市匠ヶ丘町1-51




 
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

このブログにコメントするにはログインが必要です。